日常幸せストーリー,執筆作品

とあるスーパーマーケット。高校生か大学生くらいだろうか。イケメンの男の子がカフェオレをレジに持っていった。レジにいる清楚な女の子とは、会話の内容から、同級生だとわかった。「いつも、こんな朝早くに入ってんの?」「朝のシフトだから」「えらいね! ...

超短編ストーリー

朝5時に、玄関の呼び出し音が鳴った。こんな早朝に何事かと思いながら、インターホンの玄関モニターで外の様子を観てみる。おじいさんが一人立っていた。まず思った事は老人の徘徊で迷ってしまったのではないかとい ...

超短編ストーリー,執筆作品

俺はあるアパートの、103号室に住んでいた。 アパートの一階はデメリットだらけという話をたまに耳にするが、彼はそれほど「1階ならではの悩み」に遭遇することはなかった。 日が当たりにくい件に関しては隣の ...