2020年5月10日超短編ストーリー,執筆作品

あるところに練習に余念がないロックバンドのギター&ボーカリストのケイタという十代の男がいた。基本的にギターを構えてコード(和音)を鳴らし、歌も歌うバンドマンの事である。勿論歌とギターの練習はするのだが ...

2020年5月8日超短編ストーリー,執筆作品

青年は今日誕生日だったが、嬉しい出来事は何も無く…。もう少しで日付が変わりそうだった。部屋のベランダで、夜空を眺めていた。「はぁ…」思わず漏れるため息。「あ!流れ星だ!」綺麗だったが、すぐに消えた。( ...

2020年5月7日超短編ストーリー,執筆作品

5月3日その部屋が気になり始める【理由】・深夜に必ず電気が点いている・この辺りは、深夜は大体の家が真っ暗(生活が規則正しい模様)・隣のコンビニが駐車場が広く店が奥にあるので隣のアパートのあの一室は横か ...

2020年5月6日超短編ストーリー,執筆作品

ともに断崖絶壁の上に位置するA地点とB地点。行き交うには、唯一架かっているその橋を渡るしか方法は無かった。見るからに古そうで頼りない、その細い橋を...。ある日の午後、スロースとラクゥは3日ぶりに橋の ...

2020年5月5日超短編ストーリー,執筆作品

青年【ナオキ】と、青年【ユウヤ】の二人が久しぶりに会って、帰りの車の中で話していた。ナオキが言った。「さっきコンビニで思ったんだけど、未だに写真のプリントサービスとかあるけれど、需要あるのかねぇ?」ユ ...

2020年5月3日超短編ストーリー,執筆作品

よく映画で出てきそうな、田舎町の薄暗いモーテル。50歳の男は眠らされ、そこに監禁された。犯人はモーテル・オーナーの年配の女だ。そのモーテルの一室は、朝になってもカーテンが閉じられているので暗く、体力を ...

2020年5月2日超短編ストーリー,執筆作品

マーベルが妹のエミリーとお話をした。「わたし昨日まで、風邪引いちゃって寝込んでたのよ。うん、もう大丈夫!」エミリーがエマとお話をした。「マーベルさん、昨日まで熱が酷かったらしいわよ」エマがオリヴィアと ...

2020年5月2日超短編ストーリー,執筆作品

「さぁやってまいりました!本日のメインレース!1番人気はゴッドタイタン、2番人気はタートルフェイス、3番人気はエトセトラ」ファンファーレの直後、「ガシャン!!」とスターティングゲートの開く音。「スター ...

2020年4月28日超短編ストーリー,執筆作品

土曜日の午前中のことだった。青年は友達の家に行くため、電車で椅子に座っていた。誰もが聞いたことはあるであろう、流行りのゲーム機を手にしていた少年が向かいに座っていた。横にいる女性が母親らしいが、母親は ...

2020年4月27日超短編ストーリー,執筆作品

申し訳ございません。第5話の超短編ストーリーはボツになり、連載小説になりました。→連載小説