【動画あり】【ギター上達の方法】それは・・・

指南,音楽

最初に答えを言ってしまうと、ずばり「コピー」です

ちなみにこのページは「超初心者が今より上手くなるため」の話ですのでお間違いのないよう。

それはなぜかというと、全ての物事の上達への道は、およそプロや自分より上手い人を真似る事から始まるというのがこの世の常であり、自分も今まで生きてきて「その通りだ」と思っているからです。

特にエレキギターの場合、やり始める時っていうのは、「この人のように弾けるようになりたい」とか何かしら憧れがあるはず。憧れは練習のモチベーション維持に繋がります。いつか弾けるようになりたいわけですから。モチベーションを保つことは凄く大事な事です。今の時代なら、目標を「YouTube動画としてアップする」にすれば、さらにモチベーションが上がるかもしれませんね。家に居ながらにして自分の演奏を他人に聴かせることができる!とても便利な時代になったものです。勿論、アップしたあとはそのアーティストのファンに叩かれることもあります。自分の場合はオジー・オズボーンの曲あげた時に外人に叩かれまくるわ、著作権的に駄目とyoutubeに怒られるわのダブルパンチで色々マインド的ダメージがありました。あれで少し外人嫌いになりましたね。まぁどうでもいい事ですが。

最初にやることは「カヴァー」でなく「コピー」です

ギターのコピーとカヴァーは似て非なるものであるのでご注意。

あくまでも自分の見解ですが

  • コピーはアレンジなど無く弾き方そのまま真似すること。
  • カヴァーはその曲の演奏を自分なりの考えで演奏すること。

と区別できると思っています。

何故カヴァーじゃ駄目なのか

(再度書きますがここでは超初心者の方が今より上手くなる方法を解説していますので「なんちゃってアドリブ」が出来る位の人は対象ではありませんのでこのページは閉じて下さい。)

別に駄目ってわけじゃないのですが、何も練習したことがない段階というのは何も培ってない状態脳と身体に覚え込ませてない状態となります。

自分の脳と身体に何も培ってない状態で何かをしようとした時、まず出来る事しかやろうとしない為、今以上の状態にする事が難しいという事になります。毎回同じ様なフレーズになったり、長時間触っていても練習になってないというあるある状態になってしまいます。ある程度弾ける人であれば「自分が以前に練習した内容」との共通点を見つけ、コードにマッチしたフレーズが作れたりします。

因みにごく稀に「天才」と呼ばれる人間が現れます。天才は練習無しで弾けてしまうらしいので、すぐに自分のオリジナル曲などをやり始めると思うので自分が天才だと思う人はこのページをすぐ閉じてプロになって下さい。でも普通は練習という経験が必要です。ここ最近もてはやされているAIは答えを導き出すのに数え切れない程のパターンをまず覚えさせるでしょう。それと同じようなニュアンスです。培わせるということ。

さらに

ギターコピーの方法の選別と優先順位

  • どこからかTAB譜をGETしてきてそれを見て覚える方法
  • 動画などから演奏している時のフレット位置を見て弾き方を覚える方法
  • 耳コピによる方法

が考えられます。どれを選ぶかは好きにして良いと思いますが、優先順位でならべるとしたら1.→2.→3.または2.→1.→3になるかと思います。教則本で練習しているならTAB譜はまず書いてあるはずなのでそれを見ましょう。

まず1,2のどちらか実施する理由は、TAB譜を書く側の視点で考えたら「普通、このコード(またはフレーズ)を弾くとしたらこう押さえるだろう」との思考で載せているはずだからです。これを実施することにより、弾き方の定石が分かってくるようになります。1,2をまずやるのは実は弾き方の定石を学ぶのが目的だからです。

ある程度弾けるようになると、ギタリストは耳コピをするようになります。でも実はTAB譜での練習段階で、「あれ?おかしい、どうしても音がCDと違う」と感じる事が出来たら、実はその時点で耳コピに必要な「音程の違いの感覚」を養う訓練が出来てしまっている事となり一石二鳥です。音源をよく聴くと気付けます。

CDの音源等と合わせてギターを弾く場合の注意点

コピー中の段階に限っては参考となる本物のギターの音をセンターキャンセルなどで消さないようにしましょう。理由は、消してしまうと違いがわからない為です。CDの音をよく聴きましょう。また、ヘッドフォンで練習してください。今はディレイ・リバーブの空間系のエフェクターの練習の話ではないのでそれらのエフェクトは全てOFFします。ぶっちゃけ音はなってれば良いです(ONするならオーバードライブ位)。

CDから鳴っている、あなたの好きなギタリストが弾いている本物のギターの音が導線で、その音をなぞるイメージです。ただなぞるといっても最終的にはドンピシャでタイミングあってないとテンポ等おかしくなるので注意して下さい。

今回のレッスンは1.2.の場合で何かしらのカンニングペーパー的なものがある場合として、私が昔実際にコピーした曲達のコピー動画のうちTAB譜を利用した時のコピー動画の晒し上げとともに、コピーするに至った背景、実際コピー出来た時に思ったメリット、デメリットなんかを綴ろうと思います。尚、動画が新しい順なので段々低クオリティ化していくので音が良いのは最初だけですが悪しからず。これらを聴いてもらうのにも、ヘッドフォン推奨です。

D_Driveの曲のコピー(ちょい音量注意!)

これを練習するに至った背景

オリジナルばっかりやってて、たまには初心者に戻って1からギター練習してみるかと思って楽器屋にいったらこれの教則ビデオがあって、ためしに買ったら曲がカッコ良かったので練習した曲です。このバンドは元々ギター講師の男性Seijiさんと愛弟子Yukiさんのギターなんでめちゃウマ。覚えたらCDに合わせて弾いているだけで楽しいし練習になります。これみてD_Driveの曲かっこいいって思えたら他にも教則DVD出していて、とても為になる事をDVDの中で教えているので超オススメです。

メリット

  • CDに合わせて弾くと楽しいし、各種手の動きの良い練習になる。
  • 緻密なフレージングの超お勉強になる。

デメリット

  • 無いですね。

extremeの曲のコピー①

これを練習するに至った背景

8,90年代ハードロックが好きでした。ってなるとその頃のハードロックといったら、extremeとかMr.Bigとかが台頭してたわけです。私のまわりではですが。友達のライブ観に行ったら、これをコピーしてるバンドが超上手くて。触発されて練習するようになりました。とにかくダウンピッキングのリフが速い。そう、あれダウンピッキングなのですよ。そして怒涛のギター・ソロ…これは苦労した。もともとギターの腕前があまり無いのでこれがなんとなく弾けるようになるのに2,3ヶ月位。でもギターソロが全く弾けない状態は続き、途中挫折したりして、なんとやり始めてから10年位してやっと速弾きのコツ的なものが分かったという。でも座ってあぐらかいてなら弾けるけど立ってあのストラップの長さでどうしても弾けない。と困っていた時にYouTubeで探したらこれを弾いていた人が居て、しかも立って弾いていらっしゃって。YouTube上でメッセージを送ったんですよ。「教えてくれませんか?もちろんレッスン料払います」と。そしたら同じ都内で実はギターの講師をしていた方でした。「YouTube上で教えてくれと言ってきたひと初めてでびっくりしました」と仰ってました。その方に住んでた家に来てもらい、教えて頂きました。まず、そのピッキングでこの速弾きは難しいとご教授いただきまして、ピックの向きの矯正からやり直しました(それまで逆アングルで弾いてたのですが、日本人に多い順アングルに矯正)。でその上で他のコツ(1弦の断面の1/3あたりを狙うイメージと聞いた時はびっくり!)を教えてもらい練習を重ねたら、10年くらい弾けなかった曲が1ヶ月で弾けるようになりましたこの事は自分のギター人生における財産になりました。教えてくれた方とは今でも年賀状やりとりしています。これは弾けた記念でアップした動画ですが、立ってこのストラップの長さで弾いているところがポイントです。ジャンルによりますがギタリストにはこういったくだらないこだわりがあったりします。
上記の人でないギターの講師をしているどなたかがこの曲のコピー動画を見たことがありますが、曲のスピードを落とされていましたね。潔く「弾けない」と仰ってました。練習方法を教えてたので問題なしですが、その時の私には残念ながらためにはなりませんでした。そのスピードなら弾ける状態だったので。ところでヌーノはこれをあくびしながら弾いたりします。さすが世界のヌーノ!

メリット

  • ダウンピッキングのコツがわかるようになる。
  • 速弾きの練習になる
  • 最初はゆっくり、段々早くしていくっていう速弾きの練習方法がわかるようになる。
  • 曲が大体弾けるようになるころには上手いといわれることが増えるw
  • 曲練習するにあたって、自分に足りないものは何かがわかる
  • ヌーノ・ベッテンコート様の特殊なタッピングや腕交差など色々な面白い弾き方・ギター演奏の可能性に触れることができる
  • 自分のバンドの曲のフレーズをかっこよくアレンジできるようになる

デメリット

  • 「こんなんだれでも練習すれば出来るようになる」っていう言葉に対して、「その曲練習してもいないお前が言うんじゃねぇよ」と突っ込みたくなる…
  • 良くも悪くも、ギター小僧、特に速弾きオタクになりそうになる

extremeの曲のコピー②

これを練習するに至った背景

3rdアルバム、「III Sides to Every Story」の中でギター小僧がコピーするとしたらまず先程のWarheadsとこの「Cupid’s Dead」になると思います。なぜなら、かっこいいから。異論は認めます。

メリット

  • ヌーノ・ベッテンコートの奏でるリズムの面白さを勉強できる。
  • 曲の構成の素晴らしさを再認識できる。
  • 途中の6連符の時のフィンガリング練習で左手が少し上手くなる。
  • リズムワークが上達する。

デメリット

  • 覚えるのに苦労して途中で辞める人多いかも?
  • ヌーノに近づいたと錯覚してしまう。

その他。練習は練習として終わりにすべき。こういう洋楽の動画をアップするとうざい外国人からの「辞めちまえメッセージ」が届くようになるので心に留めておきましょう!

BUCK-TICKの曲のコピー

これを練習するに至った背景

私がギターを初めたきっかけは、実はBUCK-TICKです。BUCK-TICKが好きでバンドやりたいと思ったからなんですが、ギター買ってまずコピーし初めたのは「悪の華」のリフになります。それからどうしても弾けるようになりたいと練習しまくり、友達にもよく横で聴いてもらったものです。あとから出た殺シノ調ベバージョンが新鮮でかっこよく思えたのですよ。で、殺シノ調ベと言えば…IN HEAVEN…,MOON LIGHTの2曲繋がりがかっこよくてギター小僧としては真似せずにはいられないわけです。CDすり減る程よく聴いたし、よく練習しました。自分がこれをアップした時はこの2曲続いているバージョンのコピー動画をアップしてる人はいなかったので動画アップする為に昔を思い出し、少し練習しましたね。演奏内容は最初のころの耳コピ出来なかった時の状態を思い出して練習していた為、TAB譜の内容を演奏したものとなります。※このCD聴きまくった人なら「あ!」って思うかも知れませんが、6:09のところ、CDでは同じフレーズが2回だけなのですが勢いで3回にしたんです。そのあとでいつかの今井さんがライブで3回弾いてるバージョンがあって、同じことやってる!と思って一人嬉しがってた時がありました。

メリット

  • BUCK-TICKの曲の素晴らしさを再認識できる。
  • 8ビートの素晴らしさを再認識できる。
  • 奇才、今井寿氏が弾くフレージングをお勉強できる。
  • 弾いてて楽しい。

デメリット

  • 普通に弾けるエレキギターの王道フレーズがつまらなくなってしまう(かもしれない)。
  • 奇才、今井寿のフレーズを勉強してしまう可能性→これやらない方が良い
  • 結局、皆BUCK-TICK本人達の演奏を観たがり、一般人がどう演奏しようがどうにもならないw
  • よってコピー止まりになる

他人のコピー動画とかたまに観ますけど、「弾いてて楽しいなら、まぁいいんじゃないの。」と思います。BUCK-TICKの曲のコピーはもうやめてしまいました。まぁ途中まではCD出る度にコピーして遊んでましたけど。
一人で家でギター弾いてて、もしBUCK-TICKのコピーで練習するなら、星野英彦パートをやるのをおすすめします。カッティングの練習になるので。今井さんパートは必要なリード部分とソロはメロディラインの作られ方を勉強したらいいかと。一人でやるならあってもなくても良い上モノ系は練習不要です(バンドやるなら必要だと思いますよ)。
あと、音研究するなら歪ならCOSMOSのアルバムが面白い。COSMOSは当時今井さんが知人から色んなエフェクター(特に歪み系)を借りて研究しまくったそうで音の種類が豊富。「キャンディ」はノイズがないと成立しない曲と雑誌で今井様がおっしゃってましたね。あと最も綺麗な曲「COSMOS」にもっともギターの潰れた音が入ってたりと遊び心も盛り込まれています。ディレイとかテルミンなら中期以降~最近のライブ動画を参考に。ライブの最後に今井さんがでやってることの研究とか。

※これ書いてたら思い出しました。2015年あたりにバクチク好きなベースやってる人と知り合ってその人の家にいったら「ヤガミ・トールと飲んだ事あってこれもらった」とギター飾ってた…うらやましやぁ…
※尚BUCK-TICKは今でもファンで、近場でライブやってくれる時は今でも観に行ってます。

まとめ

自分の好きな曲をコピーしまくりましょう。
それはモチベーションの維持になるから。
でもそれが弾けたからと言って天狗にならぬよう注意。
真似は真似でしかないから。
何曲かやってるうちに耳コピも出来るようになります。
異弦同音を考えればコードのフォームは自分で作れるようになります。
そしてここあたりにくる頃には、自分より上手いギタリストは星の数ほどいらっしゃることに気づきます
自分はギター総人口で数えたら中の下か下の上あたりでしょう。でもいざライブとなったらかっこいいと思わせる自身はあります。

ある程度上手くなったと思えるようになるとね、オリジナル曲なんかも作り初めちゃうわけですよ。
自分はバンドは期限付き含めて10個位組んだ事はあるおっさんで、初めて組んだバンドの時からオリジナルでした。ギター小僧なので家では沢山コピーしましたが、バンドでコピーは途中でイエモンとジギーの2つを一回づつだけライブした位です。なんと最も思い入れのあるバンド「BUCK-TICK」のコピーバンドに関しては一回もやったことがないというオチでこのレッスンを閉めたいと思います。とにかく最初はコピーです。

ブログランキング・にほんブログ村へ